新人教育によくあるc言語の研修

IT系の企業でプログラマーなどで採用されたスタッフは、まず新人教育を受けてから現場に配属されるのが基本です。

学生時代にある程度のスキルを身につけている人は少なくありませんが、即戦力になれるほどの人材は少ないからです。新人教育では社会人としてのマナーもふくまれますが、プログラマー教育としてc言語の研修も実施されています。プログラマーやエンジニアとして勤務するとき、c言語は基礎的なスキルとなるため研修が盛んに企画される傾向です。

新人教育にかける期間は企業によって異なりますが、短くて10日間前後、長くて1ヶ月程度がよくある例といえます。採用職種がプログラマーでも、新卒採用と中途採用では異なるカリキュラムが用意されるのが通例です。c言語の研修内容は、企業によって大きく異なります。先輩社員を講師役に任命して、すべて社内で学習させる例がある一方で、外部の講師に依頼して学習場所も外部に用意する例もあります。

業務の状況によっては、社員を講師にするゆとりがない場合もあるので、どちらの例でも適切な学習が可能です。全国に拠点を持っている企業の場合、新人を1カ所に集めるのは効率がよくないため、インターネットによる中継や録画された動画を見て学習を進めることもあります。どのタイプの学習であれ、研修を受ける本人の学習意欲が一番大切です。企業の教育担当者は、意欲のある社員をサポートできる環境を整えることも大切な仕事になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *