システム開発に役立つVB研修

VBとはプログラミング言語「VisualBasic」の略語で、画面を作成しその画面をどのように動作させるかをプログラミングすることによって動作しますので、研修にて配布されたテキストはプログラムを動作させるための関数(VB上で把握している計算式)を知るためとしたほうが良いですので、自分のためになるVB研修は、知識を学べる他、実践形式(プログラミング実践)のカリキュラムがあるものを選択したほうがよいです。

プログラミングに関しては、作成した画面にあるボタンなどを押したタイミングで動作しますので、このボタンを押した時どのように動作したいか(プログラム仕様)を事前に考えておく必要があります。そしてその動作をさせるために、上記で説明した関数などをいろいろ組み合わせ、それを条件文で判断させることにより動作しますが、その条件文などの記載が間違っていると間違ったまま動作するので、自分がイメージしていた通りになりません。

(これが最近よく耳にするプログラムバグというものです。)よって、このようなプログラムバグの対処の仕方についても教えてくれるものであれば更に良いです。このように、関数知識・プログラミング実践・システム開発における仕様作成やプログラムバグの対処の仕方までを教えてくれる研修を選択できれば、VBの知識がつきプログラム体験ができて、更に自分がイメージしていた通りにならない場合の対処方法までの経験ができれば、システム開発に役立つものといえる研修です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *