Webデザインで重要なのはカラーリング

Webデザインで最も重要なのは、どういった色使いをするかという点です。

カラーリング次第で、サイトのイメージががらりと変わります。ですから、カラーコディネーターの資格は持っておくと、よりよいWebデザインができるはずです。一流のWebデザイナーは、色についての知識も豊富です。基本的に、暖色をふんだんに使えば、柔らかく温かい印象を与えられます。寒色を使えば、オシャレでスタイリッシュな印象を与えられることでしょう。自分の会社のイメージに合わせてどちらにするかを決めていきます。

ページによって色味を変えるのもいいですが、できれば色彩は統一したいものです。統一感のあるWebデザインは、高級感を相手に感じさせることができるからです。まずWebデザインをするときには、コンセプトを決めるといいでしょう。全体の方針をどうするのかが決まらなければ、各ページごとのデザインも決められません。コンセプトがはっきりしていれば、アイデアも出しやすいです。

業者に依頼をするときにも、まずはどのようなコンセプトで、どのような層をターゲットとするのかを聞かれます。そこが決まらなければ、全体の方向性が分からなくなって、ガチャガチャとした印象のサイトになってしまうからです。方針に沿って、使うイラストや写真のタイプも決まってきます。ブレないコンセプトがあれば、統一感を出すことはさほど難しくありません。季節によってコンセプトを変更するのも一案です。
javaの通信講座のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *