c言語の研修を受ければプログラムの幅が広がります

c言語はプログラム言語の中でも歴史があり、古いプログラムだと言う方もいますが現在でも人気があり多くの基幹系ソフトはc言語で作られています。

WindowsのようなOSは基本CやC++から作られていますが、このような重要なソフトにも使用されて、プログラミング言語のシェアでもJavaに次いで使用されています。また現在業務系で使用されているJava、Webやネットワークで使用されているJavaScriptそしてAIで人気のあるPythonもc言語から派生したプログラム言語で、基幹系やWeb系ソフトウェアー開発の元になっています。

しっかりと学んでおけば他のプログラム言語の習得にも役立つため、学校や企業で研修を行う場合も多くなり、特にIT系の企業では必須の研修としているところも少なく有りません、c言語はコンパイルと言われるソースコード(規則に従ったコード)をコンピュータが理解出来る機械語に翻訳する作業が必要なため、ソースコードは自宅のパソコンでも学習できますが、コンパイルするまで正常に稼働するか分かりません。

このためコンパイル出来るサーバーが必要になるため、研修を受けることが必要になります。研修で有ればソースコードを書いた後、直ぐに結果を確認することが出来るからです。AIを専門に行う為にPythonを勉強することは必要ですが、プログラミングに詳しくなりたいと考えている方にはお勧めできます。c言語はプログラマーやSEを目指方にとっては必要な言語で、そのために研修を受けてマスターすることはご自身のキャリアにつながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *