AI時代のプログラミング研修

プログラミングが小学生の必須となり、ビッグデータを活用したAI技術が特別ではなくなってきました。

企業の新卒研修でもプログラミング研修が実施され、大手の企業人ならロジカルシンキングが基本スキルとなりました。「AIって何だか分からない」「プログラミングなんて理数系のエンジニアだけのもの」という認識は時代遅れでしょう。理解できるかできないかは別として、コンピューターシステムは日々の生活に欠かせなくなっています。パソコンやスマートフォン・タブレット端末だけでなく、さまざまな機器の作動はソフトウェアアプリケーションであるプログラムに管理されています。

コンビニやスーパーなどの商品管理や会計レジ、飲食店やサービス業の各種端末、鉄道や地下鉄・信号機などの交通システムに至るまで、プログラミングされたシステムに支配されているのは事実です。AI技術も大量のデータに基づいた人工知能を活用するもので、データの量や品質によって導かれる結果が異なります。

もととなるデータ時代に偏りがあれば、結果も偏見や差別的な方向になるとされています。その場での人間の感情のような情緒的な判断はしないまでも、万能の神ではありませんし、必ずしも正論や正義とも限りません。すべての人がエンジニアのための専門的なプログラミング研修が必要なわけではありませんが、基礎的な理論や仕組み、論理的な思考パターンなどを知っておくことは、将来的に有効でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *