効果的なプログラミング研修を受けるために

効果的なプログラミング研修を受けるためには、いくつか留意すべきポイントがあります。

まず、しっかりした教育体制が整っているかどうかです。社外などへセミナーを履修しに行く場合は問題ないのですが、勤務している企業の中で研修が行われる場合は注意が必要です。専任の講師が不在で社員が業務と兼任して講義を行うような体制だと、業務の状況によっては継続して受講できない恐れもあります。

会社の業務の状態によっては、社外で研修を受けることも考えましょう。次に大切なのは、何のためにそのプログラミング研修を受けるかということです。情報処理関連の資格を取得したいということが目的であれば、概ねどの講義を受けても支障はないでしょう。

カリキュラムの内容を確認して、基本的な専門技術に関する内容が含まれていれば大丈夫です。これと比べて実務で使用できるプログラミング技術を修得したいというのであれば、受け身の座学主体ではなく実際に端末を使った演習形式主体で講義が進むものを選ぶ必要があります。プログラミングの基本にはコーディングを間違えた箇所を修正することも含まれています。実際に手を動かすことができる講義内容が理想的です。また、できれば講義の中に定期的に小テストや課題などが実施される研修を選ぶのが賢明です。試験を受けるのは億劫かもしれませんが、自分の理解度を把握するには効果的な方法です。間違えた箇所をクリアにして前に進めば、技術を学習するモチベーション向上にもつながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *