一般的な葬式の料金について

葬式と言っても、その料金はピンからキリまであります。


何人くらいの参列者を呼ぶのか、祭壇はどのくらいのグレードにするのかによって、葬式の料金は一気に変わります。



葬式の費用の一般的な内訳は、葬儀自体にかかる斎場の使用料、火葬費用、祭壇費用、遺影や骨壷など様々なものがあります。その他にも飲食費用や寺院費用などがあります。
葬儀自体の費用は、自治体に頼む場合は30000円〜100000円、民間業者に頼む場合では100000円〜200000円が目安となり、かなりの差があります。


飲食費用の平均は450000円程度で、お坊さんに払う寺院費用は、150000円くらいです。

これらを合計するだけでも800000円になります。


実際にはこれ以外にも、お通夜でのお布施や戒名をつけてもらう場合には100000円くらい必要ですし、香典返しや心付け、遺体搬送費用など、もろもろを考えると、150万円以上もかかる計算になります。


しかし最近では、少しでもこれらの料金を抑えようと、家族葬という参列者を呼ばないで、家族だけでとり行う葬儀が多く選ばれています。



価格はかなりリーズナブルで、必要な物だけを厳選した無駄のないシンプルな葬儀を実現してくれます。



価格はやはりピンキリですが、20〜80万円くらいで葬儀や初七日法要までとり行ってくれます。

葬儀は故人を偲ぶ大切なイベントですが、心がこもっていれば、どんな形式でもかまわないはずです。